NPO法人教育サポーターズひたかみ

法人認証年月日

 平成26年3月24日

 

 

代表者(理事長)

 坂井 ふき子

 

 

目的(ミッション)

 わたしたちは、岩手県、宮城県を中心とした教員や教員志望の学生に対し、教科指導力及び生徒指導・学級経営についての学習会を行い、その技術の伝達・共有をするとともに、その技術の向上を図ります。

 また、教育関係者、保護者及び児童生徒に対し、学習技術の向上・家庭教育力の向上を目指しそのサポートを行うとともに、伝統文化の継承、及び地域活性化につながる活動の紹介及び普及に寄与することを目的とします。

 

特定非営利活動の種類

 1.社会教育の推進を図る活動
 2.まちづくりの推進を図る活動
 3.学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
 4.子どもの健全育成を図る活動
 5.前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
 

 

設立の趣旨

 近年、子どもたちの教育・子育てが難しい状況になっています。
 学校では、授業がうまく成り立たない、学級がまとまりにくいという悩みをもつ教師が増え、家庭でも、子育てに悩む保護者が多くなってきています。また、昨今の少子化や生活環境の変化の影響からか、子ども同士でかかわり合い、体験することも少なくなってきています。その現状を踏まえ、学校、家庭及び地域の教育力を一層向上させ、将来を担う子どもたちの健全育成に力を注がねばなりません。
 中教審答申では、特別支援教育の重要性や、伝統文化の継承といった内容が明記されました。私たち国民には、これからの教育活動に対して大きな意識変換が求められています。
 私たちは、任意団体「TOSS中学日高見」を設立し、教員の授業力向上を図ると共に、後世に伝えていきたい伝統文化を継承していくシステムや、子どもたちの知的で心身共に健やかな成長を目指す環境づくり、体験活動を展開してきました。
 その活動を基盤とし、さらなる情報提供サービスの向上を目指して事業を展開していきたいと考えています。

平成12年9月  任意団体「法則化中学日高見」を設立。
        月2回、教員6人程度で学習会を開始。
平成13年10月  任意団体「TOSS中学日高見」と名称を変更して活動を行う。
平成15年10月  県内の中学校教師を対象とした学習会を実施。約110名が参加。
平成16年10月  県内の中学校教師を対象とした学習会を実施。約90名が参加。
平成20年10月  県内の中学校教師を対象とした学習会を実施。約90名が参加。
平成15年~平成25年 毎年、3月と4月に教員・教員志望の学生を対象とした学習会(新年度準備)を実施。
平成25年9月  社会的信用の取得、組織的活動の開始のためNPO法人格取得の相
談・設立要件確認
平成25年10月25日  発起人会を実施、定款・事業計画書等の案を作成
平成25年11月24日  設立総会の開催

 

事業内容

 1.教師力向上講習会事業(TOSS教え方セミナーとして、春秋開催)
 2.実践的授業力向上研修会事業(サークル例会として、毎月2回開催)
 3.子どもの健全育成のための支援事業(伝統文化親子教室等開催)
 4.情報収集・発信事業
 5.その他この法人の目的を達成するために必要な事業